HOME 事業案内 セキュリティ製品 会社概要
   

 

光ファイバー侵入探知システム

−高信頼度、低コスト、高耐久性−
最新式・光ファイバー侵入探知システム

●光ファイバー侵入探知システムは、光ファイバーをセンサーとして使用し、独特の技術で光ファイバーにより振動、圧力、屈折の変化等非常に微少な動きを検知し、不法侵入者を探知できます。
●風速計、監視カメラ等と併用することにより、信頼性の高い侵入探知システムを構成することができます。
●本システムは世界各地に数多く設置され、米空軍は重要施設のセキュリティ用として公式認定しています。


用途および導入例
空港施設  人工衛星ロケット打ち上げ場  軍事基地
無線中継所及びレーダー基地  原子力発電所  高圧変電所
鉄道(新幹線沿線防護柵)  浄水場  刑務所  銀行、倉庫
VIPの邸宅  その他多数の用途あり 

  

特  徴
1.高い信頼性
○センサーに光ファイバーを使用するため、落雷、高圧送電線、レーダーの電波等による電気的、電磁的干渉の影響を受けません。
○赤外線やマイクロ波を使った従来の方式では、鳥や小動物、草木が伝送路を遮断しただけでも警報が鳴りましたが、本システムでは皆無です。
○信号レベル、周波数、間隔、イベント数等各種パラメータの設定とマイクロプロセッサー処理により誤動作を防止します。
○風力計と連動し、強風の影響による誤動作を防止することができます。

2.工事及びパラメータの設定が容易

1本の光ファイバーケーブルを使用し、複雑な配線と費用の削減ができます。
3.幅広い設置場所
○フェンス、天井、壁、ダクト、屋外等への設置ができます。
○地中への埋設できます。
4.監視可能範囲が広い
1つの装置(APU)で5km×1または5km×2の光ファイバーの監視が可能であり、赤外線やマイクロ波を使ったものに較べて、到達距離も長く、低コストでシステムが構築できます。
5.センサーとなる光ファイバーはガラス素材で、ポリエチレンで被覆されており、海岸地帯でも塩害に強く、20年以上の耐用年数があります。

動作概要
 マルチモード光ファイバーケーブルに、光束断面内での各部分の位相がよく揃っていて、鋭い指向性をもつレーザー光源等(コーヒーレントな光)を通すとマルチパスにより、受信端では光の斑点を生じます。
 本システムはこの現像を応用したもので、光ファイバーに外部から振動や圧力が加わると伝搬するレーザー光線の経路が複雑になり、受信端で光の斑点の状態が微妙に変化します。この状態変化をAPUのフォトカプラーで捉えて、DSP回路とマイクロプロセッサー回路により検出、解析し、予め設定した条件に合致したとき、警報を発生するようにしたものです。

仕 様
●最大カバー範囲:5km×1または5km×2 
●感度:全長に亘って均一 
●出力:アラーム…メーク接点/ブレーク接点・許容電流1A、
    アラーム出力間隔…プログラムにより変更可能、
    PCインターフェイス…RS-232C 
●入力:いたずら防止回路用…ブレーク接点・許容電流1A 
●使用光ケーブル:コンジットパイプ用…FSI製SC3型、
         直埋設用…FSI製SC4型
●使用コネクター:簡易装着式ST型
●所要電源:DC10〜24V
●消費電力:25℃、DC12V 3W
●使用温度範囲:-30〜+55℃(使用温度範囲を広げることは可能)
●外形寸法:約152(W)x254(H)x25(D)mm


※本内容は改良のため予告なしに変更することがありますのでご了承下さい。
詳細はこちらからpdfファイルでご覧いただけます。