害鳥駆除レーザー装置

アグリレーザーオートノミック(Agrilaser Autonomic)

完全自動化された害鳥駆除/鳥害対策レーザーシステム

アグリレーザーオートノミック写真アグリレーザーは、田畑、鶏舎、生簀などを荒らす害鳥を追い払う、完全自動化された野鳥制御レーザー装置です。農作物・畜産物・養殖魚・果実・花卉などを害鳥から守り、鳥害対策に最適な製品です。

特に鳥インフルエンザ対策として、養鶏場を守るだけでなく野鳥をも傷つけないアグリレーザーの注目度は、世界的に高まっています。

費用対効果の高いソリューション

アグリレーザーは、昼夜を通して野鳥がエリア内に入らないようにすることができます。システムを一度設定すれば継続して野鳥制御が可能になります。レーザーの設置位置から最大12平方キロメートルの範囲を保護することができます。この費用対効果の高いソリューションは、鳥害を最大80%削減し、1日24時間、週7日、鳥から農作物・畜産物などを守ります。

長期的に有効性を維持

野鳥による被害は、年間で数十億円以上にものぼり、田畑では農作物を荒らし。空港では危険な状況を作り、鶏舎では鳥インフルエンザの原因となります。スパイクやネッティングは効果的ですが、非常に高価で建物の外観が損なわれてしまいます。多数の代替品は長期的に見ると非効率的です。革新的なアグリレーザーの技術は野鳥による被害に対応でき、持続可能な解決方法であることが証明されています。

鳥はレーザーを物体として認識

鳥は、知的な生き物なので、一般的な現象として恐怖に慣れます。これらの理由から、既存の鳥の駆除方法は、一時的な効果があったとしても、長期的には有効な手段ではありませんでした。鳥は、接近するレーザービームを物理的な物体として認識するため、生存本能に訴えて飛び去り、これに慣れることはありません。

アグリレーザーイラスト

動物達にやさしく自然環境を保護

鳥写真食糧、エネルギー、移動性の要求が高まる世界では、効果的で長期的な鳥の駆除が重要です。ワイヤーネット・スパイク・薬品・忌避剤などの従来のツールは、動物にとって危険で、長期的には不都合であり、環境にとっては迷惑なものでした。従って、これには革新的な方法が必要でした。アグリレーザーは、動物や環境に害を及ぼすことなく鳥を駆除するように設計され、その結果、人と鳥の両方の安全を維持しながら、鳥の駆除に優れた性能を発揮します。

アグリレーザーが威力を発揮する場所

大切な農作物・鶏、豚、牛などの畜産物・養殖魚・果実・花卉を野鳥の被害から守ります。

  • 田畑
    田畑
  • 養鶏場
    養鶏場
  • 果樹園
    果樹園
  • 花卉農園
    花卉農園
  • 生け簀
    生け簀
  • 空港
    空港

アグリレーザーのおもな特徴

  • アグリレーザーオートノミックは、設置場所から最大12平方キロメートルの範囲を保護することができます。従来の防鳥対策とは異なり、鳥はアグリレーザーのレーザービームに慣れません。

    到達距離

  • アグリレーザーオートノミックには、Autonomic100、Autonomic200、Autonomic500の 3種類のレーザー出力があります。効果的な鳥の分散のために十分なコントラストでレーザー投影を生成するためには、正しいモデルを選択することが不可欠です。
    • Autonomic100
    • Autonomic200
    • Autonomic500
  • 柔軟な電源オプションがあります。すべてのシステムには100V~240V ACアダプタが付属しています。グリッド電力が利用できない場合、高品質のソーラーパネル、充電コントローラー、バッテリーボックスを備えたソーラーパワーキットが利用できます。このキットは、大規模な農場、養鶏場、生け簀、および主電源が利用できない他の施設や場所での使用に理想的です。
    • ソーラー充電システム
      ソーラー充電システム

有効な野鳥の種類

ほとんどの野鳥がアグリレーザーに反応します。製品の効果がある鳥類の一例は以下のとおりです。

  • カモメ
    カモメ
  • カラス
    カラス
  • 鳩
  • カモ
    カモ
  • ムクドリ
    ムクドリ
  • ツバメ
    ツバメ
  • サギ
    サギ

設置事例

  • 設置事例1
  • 設置事例2
  • 設置事例3
  • 設置事例4
  • 設置事例5
  • 設置事例6

製品紹介動画

※仕様は事前予告なく変更になる場合もあります。